オリジナルデザインの野菜袋つくります|メリット・納期・製作の流れをご紹介 

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

076-237-8008

ほうれん草、小松菜、、ネギ、ニンジンなど。
野菜を販売する際は、袋にオリジナルデザインを印刷することで様々なメリットが得られます。

1つの販促・広告ツールとして、ぜひ導入をご検討してみてください。


オリジナルデザイン袋を作るメリット

オリジナルデザインの袋を使って販売することで、以下のメリットを得られます。

  • 他の商品との差別化ができる
  • 商品の魅力を伝えやすい
  • 購買意欲をくすぐる

そしてなにより重要なのは、上記によってブランドイメージを高めることが出来るという事です。


具体例:2つのニンジン

例えば、2人の生産者が同じ場所で販売をする時に、全く同じ無色透明の袋に入っているニンジンが並んでいる場合、購入者はどちらを買うべきかの判断はむずかしくなります。

しかし、オリジナルデザインを袋に印刷することによって、他の商品との差別化ができ、印象に残しやすくなっていきます。
更に、見ただけでは分からないこと(例:無農薬など)を文字に起こすことで、商品の魅力を伝えることが可能になります。

その結果、お客様が商品の価値を理解し、購入に至りやすくなるなど、様々なメリットが得られます。

透明な袋に入ったニンジン 二袋を見て迷うお客さん

オリジナルデザインの袋を使うことで、購入者を増やしつつ、ブランドイメージの定着・向上を目指せます。


丸新グラビアの特徴

当社では、比較的小ロットからの納品が可能です。
また、基本的に短納期が可能なため、必要な時にすぐお手元に届けることができます。

多色刷りのグラビア印刷機の他、製袋機やスリッター機を揃えておりますので、製袋のご依頼もお請けしております。
お客様の元に早くお届けできるよう、製袋加工までを自社で一括対応しています。


オリジナルデザイン袋 製作の流れ

オリジナル袋製作の流れ
  • 袋の材質・形状決め
     お客様が袋に納めたい物をお伺いして、適切な素材をご提案致します。
  • デザイン決め
     オリジナルデザイン制作のための打ち合わせを行います。
  • 見積りの提示
     素材とデザインが決まったら、お見積りを提示させていただきます。
  • 制作開始・納品
     内容や時期にもよりますが、最初の打ち合わせから納品まではおよそ1ヵ月が目安です。

オリジナルデザイン袋製作の詳細な流れについて確認したい方は、以下をご参照ください。


袋の材質&形状の選定について

オリジナルデザイン袋を製作する際に大事になることが、袋の材質や形状の選定です。
材質や形状を考えて製作することで、以下の効果を期待できます。

  • 商品棚で目立たせる
  • 鮮度を保ちやすい
  • 綺麗に見せる

例えば、ほうれん草などを入れる袋なら中身が綺麗に見える「OPボードン」がおすすめです。
大き目のトマトでしたら、袋が立つ形状にするのが良いでしょう。

もし、どんな袋が適しているのか分からなくても大丈夫です。
たくさんのオリジナルデザイン袋を製作して培ってきた私たちのノウハウを用いて、ご提案させていただきます。お気軽にご相談ください。

グラビア印刷の野菜袋の制作事例

納期

初めてご依頼いただく場合、デザインの打ち合わせなどで約1ヵ月のお時間をいただいております。

一度ご依頼済みのお客様は、発注後約1週間ほどで納品が可能です。

まずは、メールまたは電話でお気軽にお問い合わせください。