米袋へオリジナルデザインを印刷|クラフト伸張紙・ポリエチレンの特徴

米袋の製作事例

当社では、米袋にオリジナルデザインの印刷を行っています
人気のクラフト伸張紙や、おなじみのポリエチレン(LDPE)
どちらの素材に対しても印刷が可能です。


オリジナルデザインの米袋【例】

こちらは、当社が印刷制作を手掛けている肥料袋です。
稲穂を連想させる色使いでオリジナルなデザインを印刷しております。

印刷手法:グラビア印刷
印刷に使用できる色:1~5色

材質:低密度ポリエチレン(LDPE)
厚み:主に90ミクロン
袋色:透明・乳白 ほか

米袋の機能性・特徴

  • 荷崩れ防止【低スリップ加工】
  • 衝撃・重量・引き裂きに優れる
製品サンプル(米袋)

クラフト伸張紙の米袋

産地や有機栽培など、こだわりのお米袋によく見られるのが紙製の米袋です。
すっきりとした見た目で高級感があり店頭での陳列で際立ちます。

素材は強度のあるクラフト紙(伸張紙)が用いられています。
紙製の米袋は、以下のメリットがあります。

  • 強度が高く、丈夫
  • 立てて陳列できる角底
  • 持ち運びしやすい紐付き


紙袋にも、印刷を施すことが可能です。
より差別化をした商品展開を実現致します。

米袋の見本

※1合用~30kg用まで取り揃えております。


米袋|品質保持の工夫

米袋の品質保持には、さまざまな工夫と技術が取り入れられています。

LDPE米袋の場合

レーザー加工での空気穴
お米の鮮度を保つために、微細な空気穴をレーザーで開ける加工が施されています。これにより、袋内部の湿度や温度を適度に調整することができます。

低スリップ加工 】
売り場で積み上げられた際に、荷崩れしにくいよう表面に低スリップ加工を施しています。これにより、安定した陳列が可能になります。

伸張紙の米袋の場合

通気性の確保 】
クラフト紙は元々通気性が良い素材です。これにより、お米が袋の中で蒸れることを防ぎます。

引っ張り強度の増強 】
細かなシワを入れることで引っ張り強度を増し、お米の重量にも耐えられるよう工夫されています。

これらの加工により、お米の品質を保ち、美味しさを損なわないように消費者のお手元に届けることができます。


袋素材の選択は、ブランドイメージに合った素材を選ぶことが重要です。
ただし、1枚あたりの単価にも影響しますので、ご相談いただければ最適な提案をさせていただきます。

企業様はもちろん、個人のお客様からのご要望にも柔軟に対応いたします。
あらゆるニーズにお応えするため、当社の30年以上の歴史と実績を活かし、経験豊富なスタッフがていねいにご案内いたします。

お問い合わせをお待ちしております。


受付時間:9:00 - 17:00

 袋のこと、デザインのこと、印刷のこと、なんでもお気軽にご相談ください。